アコンプリアを学ぶ

アコンプリアに関する病院

Sanofi-アベンティス(肥満症治療薬アコンプリアのヨーロッパでの承認取得)を発表します。

肥満と重さの1人の患者にはある複数の身も心もパイプ代謝危険因子の改善を、ACOMPLIAR20mgは目指します。
腹部の肥満(ウエストの直径は大きいです)糖尿病やリピドーシス患者に、それが最も効果的であると
思われます。ウエストの直径が持つ成人の人口のおよそ半分大きい(定義は、異なるあらゆる国(地域)です)
身も心もパイプ代謝危険3以上に参加している危険因子を持ちます。


包括的な身も心もパイプ代謝危険は、タイプ2糖尿病や心血管疾患が生ずる全部の危険を意味して
1つの修正可能な危険因子に起因します。身も心もパイプ代謝危険因子は腹部の肥満に関連した
新しい危険因子を含みます(特に太りすぎの、内臓脂肪はタイプします)炎症目印
(例えば高いLDLコレステロール値、高血圧、高脂血症とインシュリン抵抗のような従来の危険因子
低いHDLコレステロール濃度、高いグリセリド濃度とアディポネクチンとCRP(C反応性蛋白)密接に)を
含むこと。


糖尿病、代謝、アントワープ大学病院(ベルギー)「今日が存在しないまで、心血管疾患と
タイプ2糖尿病の危険性を上げた複数の身も心もパイプ代謝危険因子に、対処することができた製薬製品」の
臨床栄養教授マナブのRIOヨーロッパ裁判の臨床試験責任医者の働きをした
医学リュックサック・ファン・ハール(リュック・ヴァンGaal)博士。
糖尿病と心血管疾患の包括的な危険性に参加している複数の危険遺伝子を処理することができるのは
重要な新しい医療です。
そして、Rimonabantは血圧、コレステロール、糖尿病を含む個々の危険因子の処置において
それ以上の現在の処置効果を示します。
アコンプリアに関するダイエットの注意事項アコンプリアの治療薬について
copyright(C)ゼニカルダイエット
免責事項 管理責任者